バナー

とうきょう子育てスイッチ

ログイン



「足湯をしてから足を揉もうね。」

知的障害者施設での足うらリフレクソロジーです。
私は、車いすに乗った方が多いので足湯の位置を調整していました。
踏み台を1段置いてその上に足湯のバケツを載せてみました。。。
う〜辛そう。
「どうしようか?足湯今日は難しいかな?姿勢がきついかな?足湯に入りたい??」と聞くと
「入りたい!」
「じゃあもう1段踏み台を持ってくるから待っていてね。」
なかなか人それぞれ調整には大変だけれど。。。

「これでどうかな?」
自分では言う事がききにくい足をゆっくりと上げ彼は足を足湯に入れまいた。
「うあ〜気持ちいい」その言葉と同時に彼の表情が柔らかくほどけてまるで羽が生えて飛んで行きそうな姿に私は嬉しく感動しました。

その言葉で周りの知的障害の方達もワクワクしながら順番を待ってくれました。

足からの刺激で自然に顔がほころんでくる方。。。
身体を動かし一生懸命何かサインを送ってくださる方。。。
その方、その方の反応は様々です。


足うらリフレの間、はにかみ嬉しそうにしてくださった方からは一杯の喜びを頂きました。

想像以上にのびのびとしている足を触らせて頂き
日々、勉強になる足もみ時間でした。

バナー
バナー